国家資格の宅建|独学でも知識を蓄えるのには問題なし

レディ

不動産の資格を目指す

男性

試験の内容は

宅建は宅地建物取引士の略称で国家資格のひとつです。平成27年4月に宅地建物取引主任者から名称が変更されました。宅建業務を行う不動産事務所には従業員5人に対し資格保有者1人を設置することが義務付けられています。宅建の試験は毎年10月の第3日曜日に行われ、約20万人の人が受験しています。全問四肢択一のマークシート方式で、記述や論文はありません。問題は全部で50問。約7割(35問程度)の正解で合格できるといわれています。試験科目は4つ。民法や借地借家法などの「権利関係」、建築基準法や都市計画法などの「法令上の制限」、「宅地建物取引業法」、税法などの「その他の法令」です。主に民法が中心で、50問中40問以上が「その他の法令」以外の3科目からとなっています。

合格に必要なこと

宅建に関する対策本は、資格スクールや出版社からさまざまなテキストや問題集が発売されており、非常に充実しています。そのため独学でも合格は十分可能です。独学に必要な学習期間はだいたい6カ月程度。中には1〜2ヶ月で合格する強者もいます。一般的に試験の難易度はそれほど高くないとされていますが、それでも合格率は15%前後。短期合格を目指している場合には徹底した自己管理が必要です。それでも、独学にはメリットがあります。自分のペースで学習することができるという点です。また、費用は書籍代など最小限で済ますことができます。通信講座や通学講座を受けるよりも費用を低く抑えることができます。独学による合格のポイントはテキストと問題集を繰り返し、地道に学習することです。

女性が再就職しやすい職業

保育士

保育士の資格を取るには、養成施設を卒業するか、保育士試験を受けるという方法があります。学校を卒業する方が楽な道ではありますが、様々な問題で学校にいけない人もいます。試験のために、通信講座、通学講座、独学などの勉強方法がありますが、通信講座は学費も安めで、学習のサポートも受けられて人気があります。

もっと知ろう

ペットに携われる仕事

動物

動物関連の資格は、気軽に通信講座などで取得が可能なものもありますが出来るだけ実践的なスキルを身につけるためにセミナーを開催している講座を選ぶと良いでしょう。幅広く活躍できる資格を優先的に選ぶことで、就職や転職にも役立てることが可能です。

もっと知ろう

子ども好きなら憧れる職業

女性

保育士資格は専門学校を卒業する方法と通信教育などで学んで国家試験に合格する方法と二種類の取得方法があります。どちらにも利点と欠点がありますが、子供が好きで保育士を目指している方であればどちらでも問題はありませんので是非チャレンジしてみて下さい。

もっと知ろう

Copyright© 2015 国家資格の宅建|独学でも知識を蓄えるのには問題なしAll Rights Reserved.